業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

良い工務店の見極め方は?

当初は大手ハウスメーカーにマイホームを建ててもらうと考えていましたが、どこがいいか真剣に調べているうちに、大手になると建築費用も相当高くなることが分かり、費用を安く抑えるなら工務店に依頼するのがいいことが分かりました。
さらに、大小限らず規格住宅を得意としているハウスメーカーに対して、工務店だと設計の自由度が高く、地域の風土にマッチした家づくりをしてもらえることも分かり、マイホームはできるだけ腕の良い大工さんがいる工務店に建ててもらうことを決意しました。
しかし、思っていたよりも私が住んでいる地域にもたくさんの工務店があることが分かり、大手ハウスメーカーと比較するとやはり信頼度も低く、保証の面が心配になるなど、どうやって選んでいいか困惑しているのですが、安心してマイホームの建設を依頼できる良い工務店の見極め方を教えてもらえないでしょうか?


回答

まずは住宅完成保証制度があることを確認しましょう。


将来的な保証がきちんと備わっていることも工務店選びの大事なポイントですが、「住宅完成保証制度」があるかどうかをまずは確認しましょう。
家が完成してからの保証の前に、もしも建設途中に依頼した工務店が倒産してしまったら、最悪マイホームに住む夢を諦めなくてはいけなくなってしまうかもしれません。
住宅完成保証制度とは、万一建設中に依頼先が倒産しても残りの工事を他社に引き継いでもらえたり、前払金を保証してもらえる制度で、この制度に加入するためには、経営状態がしっかりしていることが認められているため、その点でも安心です。
工務店にある程度の技術があることを確認する良い方法として、「長期優良住宅」が建てられるかどうかを尋ねてみるのは有効的です。
長期優良住宅は、耐震性、省エネ性、の他にも劣化対策などの、安心してその家に長く暮らせる家として、国が定めた審査基準を満たしていることが証明されていることになるため、一定の技術が工務店にあることの大きな目安となります。
これまでの業歴も大きなポイントですが、若い大工さんや後継ぎがいることも大事なことで、建築士や施工管理士などの有資格者の数が多い工務店には安心して工事を任せることができます。
下請けではなく元請け業者として年間の施工数が多いことも、信頼できる工務店選びの大事なポイントで、アフターサービスや管理体制がきちんとしていることも事前に確認しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク