業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年03月18日 [FAQ]

工務店に依頼した場合に倒産リスクを回避できる方法はある?

これからマイホームをもつために、施工業者を探そうとしているのですが、第一候補が地元の工務店です。
工務店であればハウスメーカーのような余計な中間マージンの負担を減らせることと、実際に家を建ててもらえる棟梁などの職人さんと、毎日話をしながら工事を進めてもらえるので、間違いが起こりにくいことに大きなメリットと魅力を感じています。
小さいときから建物を題材にしたテレビ番組を見るのが大好きで、自分なりに工務店に直接依頼するいろいろなメリットは理解しているつもりで、もちろん腕がたつ信頼できる棟梁がいる工務店をチョイスしたいと考えています。
しかし、大手ハウスメーカーなどと違って、どうしても個人経営や法人登録していたとしても規模が小さい工務店は、倒産リスクが高いことは覚悟しなければいけないことで、工事費用を家が完成してから支払うならいいのですが、事前に支払うとなると、万一倒産などで工事が中断した場合は、取り返しのつかないほどのリスクがあるのでは?と思うと、工務店に依頼して本当にいいの?と不安になってしまいます。
そこで質問ですが、工務店に依頼する場合の倒産リスクを回避できる方法や手段はあるのでしょうか?


回答

住宅完成保証制度でリスクを回避できます。


工事後に代金を支払うことができる場合もないわけではありませんが、マイホームを購入する場合の一般的な支払い方法は、最初に手付金を支払い、工事途中に中間金を支払い、工事が完成した後で残金を支払います。
そして、工事の途中で施工会社が倒産した場合は、商品である家の引き渡しを受けられなくなる可能性が高まります。
すでに手付金と中間金を支払っている場合で、工事を完了させたい場合は、新たに工事を引き継いでもらえる施工会社を探して、必要な費用を支払わなければいけませんので、ローンが2倍近くなってしまうケースもあります。
工事途中で、他の関連業者への支払が済んでいない場合は、建設中の建物は債権者全員の所有物となるので、その後の支払や工事の進め方などの話し合いがまとまらなければ、容易に工事も再会できません。
ただし、このリスクを回避できる方法があって、それは「住宅完成保証制度」に加入している工務店に工事を依頼することです。
そうすることで、万一の場合も制度の規定に則った形で保証もしてもらえますし、未完成でもすぐに工事を再開してくれる新しい工務店も紹介してもらえます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク