業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

家を建てる時に工務店とハウスメーカーのどちらへ依頼するべきですか?

私の実家は祖父母と一緒に住んでいた2階建ての木造住宅です。築35年を過ぎ、あちこち老朽化も進んでいたことからリフォームするよりも建替えようということになりました。私は兄弟がいないので、将来的にはこの家を引き継ぐのは私になり、親のどちらかに助けが必要になった時には同居するつもりで妻も賛成しています。そのため、建て替え費用は私が多くを負担するつもりです。家の建て替えに対して、全てを取り壊し、基礎から見直して欲しいと思っていました。家が古いため耐震構造ではありませんでしたし、これだけ毎年台風や大小の地震が発生する中、いつも不安でした。このような規模になった場合、地元の工務店に頼めるものか、ハウスメーカーへ相談する規模なのか素人には分かりません。長く安全に住める家を建設してもらうのにはどちらが適切か、どちらでも可能なものなのか、アドバイス頂けると幸いです。

回答

どんなお住いを希望されるかでその家づくりを得意とする方へ依頼するのがベストです


家を建てる時には工務店やハウスメーカー、建築事務所など様々な依頼先があります。ハウスメーカーは全国に営業拠点やモデルハウスを持ち、名前を聞くと聞いたことのある知名度の高い会社が多いです。工務店は一般的に地域密着型で狭い範囲で営業を行っている、比較的小さな規模の会社が多いのが特徴です。しかし、工務店の中にはフランチャイズ加盟店として施行するスタイルも増え、本部が一括で仕入れた建築資材を使うことでコストを抑えたり、技術や経営に関する情報を共有し、効率的な家づくりを手掛けているところもあります。また工務店の中でも大手ハウスメーカーのようにモデルハウスや住宅展示場を設けるなど、積極的な営業を行い、広範囲に渡って施工を行うケースもあり、工務店を1つにくくるのは難しいと言えます。
ハウスメーカーをはじめ、用意されている住宅商品でいくつかの間取りやパターンなど標準仕様の設備から選ぶ企画型の設計施工は依頼者の希望に制限がある反面、建てた後の保証制度やメンテナンス体制が確立されているメリットがあります。建築資材の加工の多くを工場で行うため建築部材の精度が高く、仕上がりが均一になるのも特徴です。地元に密着した工務店は間取りや外観デザインなどのプランを依頼者と一緒に作り上げていきますので、希望が叶えやすく、自由度の高い家づくりが可能です。
どのような家づくりを希望されるか検討され適したところへ依頼されるとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク