業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

家を新築してもらえる業者の特徴とは?

マイホームの建設をしてもらえる業者といえば、真っ先にハウスメーカーが頭に浮かびますが、一口でハウスメーカーと言っても、誰でも知っているテレビCMなどでも大々的に宣伝をしている大手企業から、地元だけで営業活動している小さな会社もあります。
さらに、今住んでいる地域でも、ちょくちょく工務店の看板を見かけますが、工務店の場合はハウスメーカーと違って、どうやってコンタクトを取ればいいのか分からないし、そもそも街の小さな工務店で、家を新築してもらえるのかどうなのかもよく分かりません。
それに、家は建ててもらえば終わりではなく、その後もいろいろなメンテナンスや、生活スタイルが変わればリフォームや増改築も必要になるので、できれば安心して長く付き合いができる業者がいいと考えます。
家の新築を依頼できる業者の種類と、それぞれの特徴を教えてください。


回答

家の新築を依頼できる業者は4つに大別できます。


マイホームを新築してもられる施工業者は、大きく分けると4つあります。
いずれの場合も、気軽に相談できて、保証やアフターメンテナンスが充実していることが、施工業者選びでは大事なポイントになります。
ハウスメーカーは、ご指摘の通りに、大手から零細企業までありますが、住宅を商品化していて、施工からアフターサービスまでをシステム化しているのが特徴です。
住宅展示場を持つなど、広告宣伝費にお金をかけて、営業担当者や現場担当者など、分担制で顧客の面倒をみるのも特徴です。
工務店の場合は、ほとんどが個人経営で、地域に密着して活動しているのが特徴です。
住宅展示場を持たず、広告費などの経費率が低く、自社施工をすることから、施工費用を安く抑えることができます。
ただし、大手の工務店の場合は、ハウスメーカーと同じ仕組みをとっているケースが多いので、注意が必要です。
ハウスメーカーと工務店以外には、設計事務所やハウスビルダーがあります。
設計事務所は、設計と工事監理しか行わないケースがほとんどで、デザイン性を重視した家づくりを行います。
個性のある家を希望する方は、設計事務所を選択するといいでしょう。
ハウスビルダーは、一般的には不動産系の建売住宅を専門にしていて、土地と建物をセットで販売するのが特徴です。
ただし、建て主の希望に合わせて、土地探しや家づくりにも対応してもらえる業者も存在します。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク