業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

工務店に店舗改装を頼む注意点は何ですか?

私は飲食店を経営しているのですが、お店を開いてから時間が経過しており、古びた感じになっているため、もっと新しい雰囲気にしてお客さんに気分良く過ごしてもらおうと考えて、工務店に依頼して店内の内装のリフォームに取り組もうかと考えています。
しかし、これまでに内装のリフォームをしてもらった経験がないため、どのような点に注意をしてリフォームをすればいいのか教えてください。

回答

費用や期間について考えておき、予算をあらかじめ決めておきましょう


店舗の内装のリフォームをする際には、まず費用に注意するべきであり、内装にどんどんこだわってしまうと大掛かりな工事が必要となってしまい、その費用は数百万円ほどかかってしまうことがあるため、事前にどのくらいの予算までなら用意できるのか考えておきましょう。
基本的にお店の改装をしたからといって、売上が大幅に上がるということはないため、現在、経営の苦しい状況が続いているならば、無理に改装するのではなく、もっとお金の余裕のあるタイミングで改装に着手してみるとよいです。
改装の際には、劣化した部分の補修をしたり古い設備の入れ替えをしたりするケースが多く、基本的に塗装や壁紙、機器などの寿命は10年程度であることが多いため、10年に一度は内装のリフォームに取り組んでみることをおすすめします。
補修をしたり、設備の入れ替えをしたりする作業は1日で終わることが多く、それほど高い費用がかからないことも少なくないため、このような小規模のリフォームについては、気になったときにすぐにやってみるとよいでしょう。
店舗のデザインを大幅に変えるリフォームが行われることもあり、この場合は今までと違う雰囲気にするために色や柄などを変えるために壁紙や床などを替えることになります。
場合によってはテーブルや椅子なども交換するケースがあるのですが、大掛かりなものになるとかなりの費用となってしまうため、予算のことを考えて、現実的な範囲でデザインの変更を行いましょう。
店舗の改装をする際には、まず現状を把握して分析することが大切であり、今のお店のどんなところに問題があるのか考えてみて、それを解決するためにどのような内装リフォームをすればいいのか検討してみるのです。
また、お店の内装のリフォームをしている間はお店の営業ができなくなってしまうため、改装にどのくらいの期間をかけられるのかも計算しておき、お店の営業に影響を与えない程度の期間を用意しましょう。
内装のリフォームの際には費用をローンで支払うケースもあるのですが、融資を断られるケースもあるため、事前に改装のための費用を積み立てておくとよいです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク