業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

建設コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

建設会社との打ち合わせのコツはありますか?

これから家づくりに取り組みたいと考えていて、家族みんなが快適に暮らせる環境を実現したいと思っているのですが、そのためには建設会社との関わりが重要であると思っており、しっかりとした打ち合わせを進めたいと考えています。
そこで質問なのですが、実際に建設会社の人と家についての打ち合わせをするときには、どういった点に注意をしておいたほうがいいのか教えてください。

回答

コミュニケーションを大切にしましょう


そもそも打ち合わせをする意味とは、できるだけ自分達の希望通りの家を建ててもらうことであり、そのためにはどんな住まいを希望しているのか、はっきりと意見を伝えることが一番大切といえるでしょう。
住まいを建てるためにはかなりのお金がかかるため、打ち合わせをする際にはきちんと意見を伝えることは大切であり、そこで遠慮してしまうと、実際に家が建てられたときに後悔してしまう可能性があるため注意しましょう。
また、自分達の希望がきちんと伝わっているのかを意識するだけではなく、希望していない余計な設備やオプションがプランに含まれていないのかチェックすることも大切であり、不要なものがあるならばそのことをちゃんと伝えておくべきです。
ただでさえ住まいを建てるためにはかなりのお金がかかってしまうのに、余計なものがプランに含まれてしまうとさらに費用が高くなってしまうため、それでは不満を感じてしまうでしょう。
実際に住まいのプランを考えるのは設計者の仕事なのですが、設計者がイメージする住まいと自分達のイメージする住まいを上手く共有させることが大切であり、そのためには何度も打ち合わせを重ねて、しっかりとコミュニケーションを取り、お互いの考え方を一致させることが大切です。
打ち合わせをいい加減に済ませてしまうと希望とは大きくズレた住まいが完成してしまう可能性があり、一度建てられてしまえばそれを撤回することはできないため、それでは大きな心残りとなってしまうでしょう。
打ち合わせは途中で妥協してしまうのではなくて、心の底からしっかりと納得できることが大切であり、そのような状態になるまで何度でも打ち合わせをすることを意識して、理想通りの住まいを建てることを目指しましょう。
また、ときには設計者のほうから別の提案を受けたりアドバイスされたりすることがあるのですが、専門家からの意見は貴重なもののため、それを拒絶するのではなくて、まずは助言をありがたく受け取り、その内容について検討してみて、それが妥当なものであると判断したならば、それを受け入れてプランに取り入れてもらうことも大事です。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク